アミノ酸とプロティンは違うの?

アミノ酸とプロティンは違うの?

最近世間ではアミノ酸を使った商品が増えてきています。
そういえばアミノ酸ってどんなもんだろうと解釈したら良いのだろう?って思う人も結構いると思いますが、アミノ酸はたんぱく質から更に細かく分解されたものになります。
たんぱく質から分解されたものということで考えると運動する人が筋肉をつける目的でプロティンを摂取したりしますよね。
となると、「じゃあ、アミノ酸とかも摂取したい時にプロティンを摂取しちゃったほうが話が早いのでは?」と思う人もいるようです。
確かにプロティンはたんぱく質になります。
プロティンは分解されればアミノ酸も含まれているということになりますね。
でも、販売されている商品はそれぞれプロティンがあって、アミノ酸も販売されています。
ということはそれぞれ理由があるのです。

 

プロティンとアミノ酸は使い分けが大事

状況によってプロティンとアミノ酸というのは使い分けたほうが良い場合もあると思えばいいでしょう。
アミノ酸というのは先ほども説明したようにたんぱく質から更に分解されたものになりますので、たんぱく質より確実に小さいということになります。
つまり、小さいことによってのメリットというものもあって、体に吸収されやすいということになるのです。
摂取したものを早く吸収させて活用されたほうが良いという状況の場合はアミノ酸の方が有効なのです。

 

アミノ酸がおすすめの場面

なので例えばこれから運動するから運動中にアミノ酸を有効活用して効率よく運動したい!という人は運動前に飲んだりしてもいいですし、運動して疲れた場合、疲労回復をしたい!という人は運動後にアミノ酸を飲んだりするとプロティンよりも早く吸収されて活用されやすくなります。
それでは逆にアミノ酸が繋がった状態のたんぱく質はどのような目的で摂取するといいんだろうということになりますよね。

 

プロテインがおすすめの場面

プロティンも利用目的としては同じなのですが大きいので消化して活用されるまでに時間がかかってしまうという特徴があります。
だからスポーツする前に飲むようであれば2時間前に飲んだりと結構前に飲むようにしないとうまく活用されません。
でも、この特徴を考えると逆に長時間、スポーツをする場合はプロティンのほうがむいているとも言えます。

 

時間が経つごとに体力が消耗していくけどプロティンが徐々に活用されていくという具合に利用できますので長時間のスポーツの際はトータル的に見てもプロティンを使っても良いのではないかと思います。
ゆっくり吸収されるという利点もありますので状況によりけりという事になるのです。
後、体の状態で使い分けることもできます。

 

プロテインは体への負担が多い?

人によってはプロティンの消化で胃に負担がかかってしまうという人もたまにいるようです。
そういった人の場合はプロティンを無理に飲まないでアミノ酸を活用するというのも一つの方法になります。
アミノ酸の場合、消化が早いという特徴があるからです。

 

ただ、一方で消化が早い分、お腹を壊しやすくなる人もいるようなので体調面にあわせてそろぞれを使い分けるようにしてみると良いでしょう。
トップページでは、HMBを効率よく摂取できるサプリメントビルドマッスルを詳しく紹介しています